ただいま(再掲/20091018)


 秋の夜 小雨に濡れながら自転車を飛ばして帰ると

 木々と藪に半分覆われた家の手前の露地の薄暗がりの底で

 彼が座って こちらを向いて居た 初めての事



 待って居たのか 南の夜を眺めて居ただけなのか

 藪に埋もれた街灯が ほんわり照らす明かりの下を

 一人と一匹 庭へ入り 柿と椿の間を過ぎて 玄関に上がった







 世界人類が平和でありますように

 日本が平和でありますように

 私達の天命が完うされますように



 後から又 改めて庭へ出て 北天に祈って居ると

 木々や藪から美しい蛙の声が聴こえて来た

 ころろろろろ ・・ 神々様 ありがとうございます


オオミズアオの空(再掲/20091009)


 丘を幾つか越えると教会がある

 畑地を大きなカーブで抜けて集落の辺縁に当たる その前を曲がり

 やがて更に坂を大きく下り上がりして谷を渡り 市街へ出るのだが

 庭に枝葉が沢山散らばっていた台風一過の今日は

 その三角屋根と十字架の向こうに オホミヅアヲの空が拡がっていた



 オオミズアオとは 巨大な水色の羽をした蛾の名前であり

 その 蝶と見紛う 薄い青緑色の大きな羽衣は ファンタスティックである



 世界人類が平和でありますように


夏の思い出(再掲/20090915)




 スリッパから ノコギリクワガタ

 ぬかるみに アゲハ



 黄緑のシャツに アマガエル

 里芋の葉に 銀色の露の珠 ころろん



 蝉の幼虫モゾの応援

 メスクワガタさん 今年も コンニチハ



 夏の思い出 でんぐり返し

 心はいつも青空



 世界人類が平和でありますように

 日本が平和でありますように



 私達の天命が完うされますように

 

白いクルスと青いアウラ(再掲/200909012)



 ドクダミの花は 白いクルス

 

 ダンボール工場で左手を巻き込まれた時

 見られていない事を確かめると速やかに外へ出でて裏へ回り

 青いハート形の葉を幾枚か千切っては抉られた手な心に揉み当てた

 ハンカチでキツクシバツテ持ち場に戻りウヅキニタエツ作業ヲ続ケタ



 青いハートの形と言えば



 まことに青き 青を打ち分け 秋を迎える 花の露草

 一つ また一つとあるも 或いは群れ成して生い茂りたるも

 更には只二つのみ 隣り合ふたり 上下や斜めに重なり合ふたり

 寄り添ふたりして 在り給ふなど あはれなり



 ドクダミの花は 白いクルス

 ツユクサの花は 青いアウラ



 思いの丈を 生い茂り 

 夏の静かに 祈るらむ



 世界人類が平和でありますように 

宮守り、宿守り、館守り。(再掲/20090908)




 夜の物音 カタカタ キュッキュッ

 鴨居や桟で ペタペタ キュッキュッ



 楓のおてて おめめ猫

 まるまる肥えて よかったね



 夜の物音 カタカタ キュッキュッ

 襖や引戸で ぽっとんこ



 世界人類が平和でありますように




アシタカグモ(再掲/20090903)



 家には中々のアシタカグモが居りまして

 元気に遣って居ります



 戸袋では蝉を

 廊下では御器被りまで捕らまえて居ります



 体幹は良く肥えて拇指ほどもあり

 手足を含む全体は掌大であります



 夜 捕食事中に御挨拶 ライトを当てて写さんと ・・

 おおっ 眼からキラ~リ白い光が放たれまして ・・



 それはもう 畏れ入りやす

 御無礼つかまつりやした てなもんでして



 こないだなんぞ御身内を捕らまえて ・・

 見なかった事にしておきやす へい ・・



 それにしても あの御姿は立派でごんす

 摂食のみならず排泄も見事でやした フンンッ てなもんで



 世界人類が平和でありますように

 日本が平和でありますように