猫の子守唄 三 もう一度(再掲/20101220)猫の子守唄 四 思い出(再掲/20101221)  人類ノ類ハ万類ノ類‥万物一類(再掲/20101222)天ハ長ク地ハ久シ‥老子道徳経(再掲/20101223)




    目    や    旋 ふ  通         籠    人    猫 ね  軒 の
    覚    っ    律 し  り         も    間    の ん  端 き
    め    ぱ    も    す         れ    達    子 ね  で ば
    て    り    歌 こ  が         る    も    守 こ  猫
    頬    そ    詞 と  り         縁    集    唄    が
    が    れ    も ば  の         側    ま    を    身
    濡    を    分    私         静    っ    聴    を
    れ    聴    か    は         か    て    い    寄
    て    い    ら              な         て    せ
    い    て    ね              り         居    て
    た    居    ど                        る
         り



 軒端で猫が身を寄せて
 猫の子守唄を聴いて居る
 人間達も集まって
 籠もれる縁側静かなり

 通りすがりの私は
 旋律も歌詞も分からねど
 やっぱりそれを聴いて居り
 目覚めて頬が濡れていた

 ※ 軒端 のきば
   猫の子守唄 ねんねこうた

 ※ 旋律 ふし
   歌詞 ことば





    私   世       猫       小   柔   彼   私   体
    達   界       よ       さ   ら   女   の   調
    の   人               な   か   が   額   で
    天   類       あ       体   い   座   に   横
    命   が       り       と   息   っ   胸   に
    が   平       が       祈   遣   て   を   な
    完   和       と       り   い   居   着    っ
    う   で       う       心   に   て   け   て
    さ   あ               で   顔   く   る   居
    れ   り               あ   を   れ   様   る
    ま   ま               っ   埋   た   に   時
    す   す               た   づ   事   し
    よ   よ                   め   が   て
    う   う                   て   あ
    に   に                        っ
                                た



 体調で横になって居る時
 私の額に胸を着ける様にして
 彼女が座って居てくれた事があった
 柔かい息遣いに顔を埋づめて
 小さな体と祈り心であった

 猫よ ありがとう

 世界人類が平和でありますように
 私達の天命が完うされますように





    世   天   奇クス  上   そ   小   白   了お  掻   庭        
    界   地   し   腕   れ   指   い   え   い   の
    人   合   き   前   は   に   枝   た   て   落
    類   掌   縁モノ  腕   土   満   先   熊   集   葉                   
    皆   麗   と   手シュ  龍   た   残   手   め   の
    即   し   思   部ブ  の   な   っ   に   て   絨
    神   く   い   五ゴ  右   い   て   引   寄   緞
    也       遣   爪ソウ  上う  細   た   っ   せ   を               
            り       肢で  工       掛   て
                    で   物       か   見
                                り   た



 庭の落ち葉の絨毯を
 搔いて集めて寄せて見た
 了(お)えた熊手に引っ掛かり
 白い枝先残ってた
 小指に満たない細工物
 それは土龍(もぐら)の右上肢(うで)で
 上腕前腕手部五爪(シュブゴソウ)
 奇(くす)しき緣(もの)と思い遣り
 天地合掌麗しく
 世界人類皆即神也





          む      和      な      や      あ
          す      ご      ら      す      か
          ぶ      と      ふ      ら      つ
          も      の      人      か      き
          の      神      の      に      の
          な      の             し
          り                    て



 あかつきの
 やすらかにして
 ならふ人の
 和ごとの神の
 むすぶものなり



薬指の先(再掲/20101208)な か ぞ ら(再掲/20101214)               すくすくこころ(再掲/201012)夜明けの神様(再掲/20101216)




          世             丸      他      薬

          界             っ      の      指

          人             こ      そ      の

          類             い      れ      先

          が                    よ      は

          平                    り

          和      こ
                 れ
          で      を
                 天
          あ      命
                 地
          り      平
                 薬
          ま      指
                 球
          す      面
                 と
          よ      呼
                 ぶ
          う      ・
                 ・
          に



 薬指の先は
 他のそれより
 丸っこい

       これを天命地平薬指球面と呼ぶ・・

 世界人類が平和でありますように





            和       中       屋       雨
            合       空       根       が
            の       中       が       静                   
            技       に       静       か
            を       青       か       に
            使       く       に       降
            う       澄       濡       る
            よ       み       れ       よ
            う               る       う
                            よ       に
                            う



 雨が静かに降るように

 屋根が静かに濡れるよう

 中空中に青く澄み

 和合の業を使うよう





   す   こ      す   す      お   と      こ   こ
   く   こ      く   ぐ      く   お      こ   こ
   す   ろ      す   の      の   く      の   ろ
   く   こ      く   か      か   の      つ   こ
   こ   ろ      こ   み      み   か      の   ろ
   こ   こ      こ   さ      さ   み      こ   こ
   ろ   ろ      ろ   ま      ま   さ      ろ   ろ
                             ま



 こころころころ
 ここのつのころ

 とおくのかみさま
 おくのかみさま

 すぐのかみさま
 すくすくこころ

 こころころころ
 すくすくこころ





   コ       ニ    一       父    通       母    傘
   ォ       ャ    歩       さ    り       さ    を
   ケ       ン    ニ       ん    を       ん    差
   コ       コ    歩       天    行       天    し
   ッ       と    三       国    こ       国    て
   コ       ワ    歩            う            散
   |       ン                              歩
           コ



 傘を差して散歩
 母さん天国

 通りを行こう
 父さん天国

 一歩二歩三歩
 ニャンコとワンコ

 コォケコッコー



眼な差しが(再掲/20101031)休息(再掲/20101122)                   無題(再掲/20101124)思想(再掲/20101130)




                        眼
                        な
                        差
                        し
                        が
                        観
                        て
                        居
                        る
                        処
                        許
                        り
                        也



 まなざしが
 みてゐるところ
 ばかりなり

 眼差しが
 觀て居る處
 許り也





                 猫      背      横
                 と      中      た
                 寝      合      わ
                 る      わ      り
                        せ
                        に



 橫たはり
 背中合はせに
 猫と寢る





      世           御     猫     薩     南     十
      界           馳     の     摩     瓜     一
      人           走     彼     芋     と     月
      類           様     と     を     長     の
      が           で     沢     煮     芋     夜
      平           し     山     て     と
      和           た     食     食
      で                 べ     べ
      あ                 た     た
      り
      ま
      す
      よ
      う
      に



 十一月の夜
 南瓜と長薯と
 薩摩芋を煮て食べた
 猫の彼と澤山食べた
 御馳走樣でした

 世界人類が平和でありますように





    然         一    ま         直    簡    自
    う         つ    ろ         き    素    然
    観         で    き         も    と    の
    じ         あ    も         の    清    端
    ら         り    の         が    明    正
    れ         ま    が         感    そ    な
    る         し              じ    し    姿
              た              ら    て    に
                             れ         は
                             る



 自然の端正な姿には
 簡素と淸明そして
 直きものが感じられる

 まろきものが
 一つでありました

 然う觀じられる



 ※ まろきもの 
   丸 円< 圓 球体< 體 珠玉 ( 海のタマと山のタマ ) 天霊< 靈 ( アタマ ) 光明< 大光明


踊るアシタカ(再掲/20101015)秋の色の(再掲/20101016)                田ん圃と畠の間に(再掲/20101023)雲分けて(再掲/20101028)




            そ       足       引       踊
            っ       高       っ       る
            と       蜘       繰       が
            掌       蛛       り       如
            合       の       反       く
            わ       寿       っ       跳
            せ       命       て       ね
            ま       な       死       廻
            し       ら       ん       り
            ょ               で      
            う               居
                            る



 踊るが如く跳ね廻り
 引っ繰り反って死んで居る
 足高蜘蛛の寿命なら
 そっと掌合わせましょう





                        秋
                        の
                        色
                        の
                        美
                        し
                        き
                        身
                        を
                        思
                        い
                        出
                        し



 秋の色の
 美しき身を
 思い出し





        世           私     分     田     大
        界           も     け     畑     き
        人           空     入     の     な
        類           を     り     中     赤
        が           仰     屈     に     い
        平           い     ん     咲     薔 ば
        和           で     で     い     薇 ら
        で           た     声     て     一
        あ                 を     居     輪
        り                 掛     た
        ま                 け
        す
        よ
        う
        に



 大きな赤い薔薇一輪
 田畑の中に咲いて居た
 分け入り屈んで声を掛け
 私も空を仰いでた

 世界人類が平和でありますように





                 秋      半      雲
                 深      ば      分
                 し      の      け
                        月      て
                        や



 雲分けて
 半ばの月や
 秋深し





雨雲の(再掲/20100930)まことにまろき(再掲/20101007)                猫の頭は(再掲/20101010)あかあかと(再掲/20101013)




                        雨
                        雲
                        の
                        身
                        を
                        横
                        た
                        え
                        て
                        破
                        る
                        か
                        な



 雨雲の
 身を横たえて
 破るかな





          月      眞             夜      秋
          以モチ     に             を      は
          て      圓             聽      靜
                 き             き      か
                               な      に
                               む



 秌は靜かに     あきはしづかに
 夜を聽きなむ    よるをききなむ

 眞に圓き      まことにまろき
 月以て       つきもちて

 



                 四 よ    丸      猫
                 方 も    が      の
                 に      程      頭 アタ 
                 開      好      部 マ
                 い      く      は
                 て      三      蛤 ハマグリ 
                 又      角      の 
                 閉      で      様
                 じ             で
                 る             あ
                               る



 猫の頭部 ( あたま ) は蛤 ( はまぐり ) の様 ( やう / さま ) である
 丸が程好 ( ほどよ ) く三角で
 四方 ( よも / しはう ) に開きて又閉ぢる





                           赤
                    踏      赤
                    み      と
                    止 トト    双 モロ
                    ま      手 テ
                    り      振
                    て      り
                    空      上
                    を      ぐ
                    打      イ
                    つ      ザ
                    か      リ
                    な      ガ
                           ニ



 赤赤と
 双手 ( もろて / 諸手 ) 振り上ぐ
 イザリガニ
 踏み止 ( とど / 留 ) まりて
 空を打つかな

 ※ ゐざりがに >いざりがに >ざりがに
 ※ いざり ( 躄 / 膝行 )・・立たずに移動する動作
          立位不可の身体障害者 ( 現今は差別用語とされる )
        / 膝行 ( シッコウ )







 ※ 此度(コタビ)は 俳優も ‘ こなした ’ 彼が 去る6/15に昇天との事で
  『 ボブという名の猫 幸せのハイタッチ ( A Street Cat Named Bob)』
  ありがとうボブ! ( Thank you BOB ! ) の 追悼放映をBS7で観乍ら

  その二時間というもの 近頃では珍しく 襖向こうの八畳間の真ん中で
  猫長男が伸び伸びと横たわって居りまして 映画終了と全く同時に
  少し前に起きて居た廊下から 彼に呼ばれたのでありました





  


重陽の朝(再掲/20100911)天空の旗(再掲/20100912)                   烏瓜の花(再掲/20100923)嵐には(再掲/20100925)




      メ     世           草     薮     門     台
      イ     界           を     か     口     風
      ピ     人           掻     ら     出     一
      |     類           き     土     る     過
      ス     が           分     手     と     の
      ・     平           け     に     ザ     夜
      プ     和           滑     ヨ     リ     が
      リ     で           り     イ     ガ     明
      ヴ     あ           込     シ     ニ     け
      ェ     り           め     ョ     さ     て
      ル     ま                 ノ     ん
      オ     す                 シ
      ン     よ                  ョ
      ア     う
      |     に
      ス



 台風一過の夜が明けて
 門口出るとザリガニさん
 藪から土手にヨイショノショ
 草を掻き分け滑り込め

 世界人類が平和でありますように
 メイピース・プリヴェイル・オンアース

 ※ May peace prevail on earth .





    天         大    黄    白         薄    窓
    空         空    緑    鷺         墨    を
    を         の    の    が         色    開
    旗         青    稲    す         の    け
    に         い    穂    っ         青    る
    し         旗    の    く         鷺    と
    て         を    原    と         が
    飛         立    の    頸         羽 
    び         て    一    を         ば
    立         る    面    伸         た
    つ         事    に    ば         く
    事         が         し
    が         あ         て
    あ         る
    る



 窓を開けると
 薄墨色の青鷺が羽搏く

 白鷲がすっくと頸を伸ばして
 黄色の稲穂の原の一面に
 大空の青い旗を立てる事がある

 天空を旗にして飛び立つ事がある

 ※羽搏 ( はばた ) く
 ※頸 >頚 ( くび / ケイ )  





  嬉    虫    嬉    月         総 フサ  白    散    薮       
  し    の    し    の         飾    い    り    の
  い    音    い    明         り    花    嵌    表 オモテ
  よ    色    よ    か              弁    め    に     
       が         り                   て
                 が



 藪の表 ( おもて ) に
 鏤 ( ちりば ) めて
 白い花弁 ( はなびら )
 房飾り ( ふさかざり )

 月の明かりが
 嬉しいよ
 蟲の音色が
 嬉しいよ

 ※ 散り嵌めて 鏤めて
 ※ 総飾り 房飾り





   魂    小    木    雨         身    野    嵐
   と    鳥    々    風         を    の    に
        と    と    と         正    鳥    は
                            し     
                                 思
                                 う
                                 て



 嵐には
 野の鳥 思うて
 身を正し

 雨風と
 木々と
 小鳥と
 魂と



宇宙照覧(再掲/20100826)明るさは(再掲/20100828)                  アキノヒビキ(再掲/20100901)夜の秘密(再掲/20100909)




          迎      私      永      や      或
          え      達      ら      が      る
          な      と      く      て      民
          ん      言      培      顕      族
          誠      う      う      れ      の
          実      個      た      る      特
           、     と      モ      精      性
          明      全      ノ      神      に
          朗      体      が      の      於
           、     の      命      世      い
          精      流      綱      界      て
          進      域      と      で 
           、     を      成 
          愛      観      る
          念      る
           、
          光 
          明
          界



 或る民族の特性に於いて
 やがて顕れる精神の世界で
 永らく培うたモノが命綱と成る
 私達と言う個と全体の流域を観る
 迎えなん誠実、明朗、精進、愛念、光明界





          奥      笑      産      生      明
          で      み      ま      き      る
          在      零      れ      て      さ
          す      れ      て      往      は
                 た      来      く
                 る      る      の
                 が      の      み
                        み



 明るさは
 生きて往くのみ
 産まれて来るのみ
 笑み零れたるが
 奥で在す

 ※ 在 / 坐 / 座 ( ましま / いま ) す 





          ム      ワ      ナ      ヤ      ア
          ネ      タ      ミ      マ      キ
          ノ      リ      ノ      ノ      ノ
          ヒ      ユ      ヒ      ヒ      ヒ
          ビ      ク      ビ      ビ      ビ
          キ             キ      キ      キ



 アキノヒビキ
 ヤマノヒビキ
 ナミノヒビキ
 ワタリユク
 ムネノヒビキ





                        烏 からす 
                        瓜 うり
                        あ
                        な
                        た
                        の
                        夜
                        が
                        花
                        と
                        生 な
                        り



 烏瓜
 あなたの
 夜が 花と生り


命の歌(再掲/20100727)あきおもふ(再掲/20100801)                  猫の背を(再掲/20100806)処暑、旧盆。(再掲/20100824)




            神       逸       ハ       文
            鳴       る       ク       月
            り       自       ビ       下
            満       動       シ       旬
            月       車       ン       亥 ゐ
            昇       な       様       の
            天       ん       の       刻
            だ       の       御       は
                    そ       通
                    の       り
                            だ



 文月下旬亥(ゐ)の刻は
 白鼻芯(ハクビシン)様の御通りだ
 逸(はや)る自動車なんのその
 神鳴り満月昇天だ





          蟲      渡      夏      や      秋
          の      ら      の      が      思
          聲      せ      夜      て      ふ
          か      た      を      は
          な      ま             今
                 ふ             の



 秌思ふ
 軈ては今の
 夏の世を
 亘らせたまふ
 無私のこゑかな





                        猫
                        の
                        背
                        を
                        借
                        り
                        て
                        泣
                        く
                        日
                        も
                        ア
                        リ
                        エ
                         ッ
                        テ
                         ィ



 猫の背を借りて泣く日もアリエッティ





          亡      ワ      ナ      安      開
          骸      ケ      ナ      ら      け
          を      は      フ      か      放
          土      イ      シ      だ      し
          に      イ      が      っ      の
          還      か      ニ      た      車
          す      ら      匹      ろ      庫
          の      掌 て    横      う      で
          み      を      た      か
                 合      わ
                 わ      れ
                 せ      り



 開け放しの車庫で
 安らかだったろうか
 ナナフシが二匹横たわれり
 ワケはイイから掌(て)を合わせ
 亡骸(むくろ)を土に還すのみ







大暑も木蔭で(再掲/20100723)私達の天命が完うされますように(再掲/20100724)     猫よ・・・(再掲/20100725)月と神鳴り・・御月様と神鳴様(再掲/20100726)




                        庭
                        に
                        出
                        で
                        て
                        木
                        剣
                        を
                        振
                        る
                        大
                        暑
                        か
                        な



 庭に出でて
 木剣を振る
 大暑かな 





  神    一    確    一    目    左    枇    食    こ
  様    期    り    緒    以    目    杷    事    の
  よ    一    食    に    外    を    葉    に    夏
  き    会    べ    合    な    よ    焼    帰    は
  に    と    さ    掌    ら    く    酎    つ    毎
  計    心    せ    し    直    押    を    て    日
  ら    し    て    て    に    さ    紙    来    一
  い    て    送    祈    付    え    に    る    回
  給    尚    り    り    け    て    し    だ    か
  え         出         て    遣    て    け    二
            す         遣    る         の    回
                      る              彼



 この夏は毎日一回か二回
 食事に帰って来るだけの彼
 枇杷葉焼酎を紙にして
 左目をよく押さえて遣る
 目以外なら直に付けて遣る
 一緒に合掌して祈り
 確り食べさせて送り出す
 一期一会と心して尚
 神様よきに計らい給え





   猫    と    あ    嬉    す    ず    突    改
   よ    ほ    り    し    る    っ    然    ま
   ぉ    ほ    ゃ    い    も    と    前     っ
   う    感    し    っ    の    居    の    た
        激    な    た    だ    て    晩    日
             い    ら    か    く    か    に
             よ         ら    れ    ら
                            た
                            り



 改まった日に
 突然前の晩から
 ずっと居てくれたり
 するものだから
 嬉しいったら
 ありゃしないよ
 とほほ感激
 猫よぉう





      満    浮    東    風    夕    雷    稲
      月    か    の    一    立         光
           ぶ    空    陣             
                に



 稲光
 雷
 夕立
 風一陣
 東の空に
 浮かぶ
 満月


梅雨明けて(再掲/20100718)梅雨明けて続きは(再掲/20100719)            雨は天女ふり(再掲/20100720)むこのあおぞら(再掲/20100721)




                 と      摑      梅
                 こ      み      雨
                 ろ      上      明
                 か      げ      け
                 な      ら      て
                        れ
                        る
 梅雨明けて
 摑み上げられる
 ところかな





                        梅
                        雨
                        明
                        け
                        て
                        続
                        き
                        は
                        歌
                        を
                        返
                        す
                        迄



 梅雨明けて
 續きは歌を
 返す迄





            わ       長       宿       雨
            け       い       ろ       は
            も       道       く       天
            な       の       干       女
            く       り       し       ふ
                            て       り



 雨は天女ふり
 宿ろく干して
 長い道のり
 わけもなく





          無      湧      夏      屋      熱
          辜      き      の      根      き
          と      に      雲      に      日
          な      ぞ             降      の
          る      湧             る 
          哉      き             身
                 て             を



 熱き日の
 屋根に降る身を
 夏の雲
 湧きにぞ湧きて
 無辜となる哉