心はいつも青空  想いは消えてゆく雲

アクセスカウンタ

zoom RSS 人類に新たな未来を贈る 西園寺昌美           『白光』誌より抜粋転載 六 (原文縦書き)

<<   作成日時 : 2017/01/26 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

  〜「バーバラ・フィールズ人道主義平和賞」受賞の基調講演より
                  
                        2016年10月 米国加州サンディエゴにて



 「どんな民族でもどんな宗教でもどんな人でも、死刑囚でも罪を犯した人でも、こうやって守護神と守護霊が守っているのである。」

 守護神とは神そのものであり、肉体の背後からその人の運命を守り導いてくれています。そしてもう一人の守護霊とは自分の先祖です。おばあちゃまやおばさまなど肉体を経験した先祖が専属して、やはり運命を守り導いてくれ、そっちに行ったら危ないよと教えてくださっているのですが、私たちの目も耳も鼻も口もすべて外に向いていて、物質的な感覚に把われているために、それが聞こえない。私たちの内なる神性は閉じ、私たちは神性を忘れてしまったのです。お金だ、権力だ、教育だ、バックグラウンドだ、宝石だ、毛皮だと、物質的なものの獲得に走ってしまったために、守護霊や守護神の声が聞こえなくなり、神性を見失った人々が戦争や天変地変を創り上げてしまったのです。

 ですから、今の地球がおかしくなってしまったのは、決して偶然ではないのです。天災も、天が偶然に与えるのではありません。すべては人間の欲望が創り上げたことです。利便性を追求して地下鉄だ、ガスだ、水道だと土を掘り起こし、土の中に棲む生物を殺してしまう。さらには原発だ、大砲だ戦争だと空気を汚しつづけ、今では人類一人一人の欲望が新しい病気を生み出しているのです。人間がいなければ、自然はいつまでもありのままの状態で生きていられたのに、人類が自然を汚してしまった。地球は私たちの代で滅亡してしまうのか、それとも平和への道を歩むのか。今こそ私たちがディバイン・スパーク(神性)につながって、平和へ転換させる時がきました。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人類に新たな未来を贈る 西園寺昌美           『白光』誌より抜粋転載 六 (原文縦書き) 心はいつも青空  想いは消えてゆく雲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる