心はいつも青空  想いは消えてゆく雲

アクセスカウンタ

zoom RSS 橋の上での邂逅 ( 思いがけない出会い / カイコウ )

<<   作成日時 : 2017/01/13 22:44   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

自転車で橋を渡っている時 上空から
かなり大きい一羽の鳥が舞い降りて来た
対向車線から 接近中のバスが目に入った

直進しながら面(おもて)を上げ続けると
上方目前で羽を広げた鳶と真向かい 目が合った 
胸の羽毛は風に波打ち 毛並が詳らかで美しすぎた

真っ青な空を背に 両翼を大きく開いた鷹の一族がいた

7 80度の頭部後傾を保ち乍ら視界を確保 
突如 降臨したる その生命体と 向き合ったのだ
鳥類の生態や行動学的な推察などを措いて 泣けて来る所だった

橋の上で自転車を漕ぎ乍ら 真正面上方に こちらを向いて舞い降りて来た
鵄 ・・ 鷲や鷹の仲間の猛禽類 空を飛ぶ翼の一族と真向かい合うとは

バスが通り過ぎる時 その後方へ舞い上がった大きな鳥を
振り向いて右後方上空へ追視しながら前進する自転車を漕ぎ続けた







世界人類が平和でありますように
私達すべての生き物の天命が完うされますように
守護神霊様 地球を司る神々様 ありがとうございます

万物・万象・万霊魂魄皆即神也 光の森の家族なり
全ては完璧 欠け足る物成し 大成就

神性復活 アヤナワンネス






半月後のケアカンファレンス(サービス担当者会議)を前に
介護関係者への発言を 御家族から求められていた



御自分では説得力が無いからと言いつつ
懸案についての医療判断を仰ぐ必要性を説いても
頑なに譲られず御主張を強弁された上 私に妙案を乞われる

では それを踏まえた上で 他に策を講じましょう と 
かなりのタイムオーバーの中 笑顔で玄関を退去したが
中で見送られる仁王立ちの彼は 確かに紅潮していたのだった



次の訪問先へ遅刻の一報 気さくに了承頂き 向かう
扠(さて)と省みるに 我が胸の平安が快かった



プライベートで何かと教えて頂きたい と仰られる一方
その私に対して アナタは と ノタマう 件の御家族
医師にも注文を付ける強者(つわもの)だが

その放たれる所に波の粗さを認めつつ
示されたるは其れ熱意なり と 此度(こたび)の一件
諸共活かされ 見事に善導されますように 見通し 祈りつつ



青天白日 心中整然として 気持ち良き己も消えてゆく観であった
そこへ霹靂の如く 空を飛ぶ一族の使いが舞い降りて来た話である








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
橋の上での邂逅 ( 思いがけない出会い / カイコウ ) 心はいつも青空  想いは消えてゆく雲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる