心はいつも青空  想いは消えてゆく雲

アクセスカウンタ

zoom RSS “ 神聖なる意識から生まれる文化〜「第六回世界自然保護会議」によせて 西園寺昌美 ” 『白光』誌より

<<   作成日時 : 2016/10/03 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0



     〜前略〜



 IUCN(国際自然保護連合)メンバーの皆様、ご出席の皆様、こんにちは。私は、このIUCN会議「スピリチュアリティと環境保護」部門のハイレベル・ダイアログに出席できますことを、大変光栄に思っております。

 私たちは国、文化、伝統など、それぞれ異なる背景を持っていますが、私たちを一つに強く結びつけているものがあります。それは、人類に対する愛、美しい地球に対する愛です。そして今、この会場にいるすべての人々が、自然に対する平和の文化を創造しようという熱意を共有しています。

 私たちはスピリチュアリティを抜きにして環境保護を語ることは出来ません。私たちが住む地球は分岐点にあります。すべての生命のために、私たちは意識の進化の道を選択する時に来ているのであり、そのためにも環境保護とスピリチュアリティは、手に手を取って歩みを進めなければなりません。

 日本には古くから言霊という概念があります。人間の発する声、言葉、想いには神秘的な力やエネルギーがあって、対象に働きかけ、環境、肉体、心、魂に影響を与えるという考えです。

 六十年以上前、私の養父が提唱した 「世界人類が平和でありますように」 という祈りとメッセージは、今日、宗教・宗派を超えたユニバーサルな平和メッセージとして受け入れられています。私はこの 「世界人類が平和でありますように(メイ・ピース・プリベイル・オン・アース)」 は、現代の言霊であり、人類だけでなく、大自然の魂とも響き合ってきたと確信しています。

 私たちの遠い祖先は、自然界と交流し、調和して生きていました。彼らはすべての生命に向けて、セレモニーを通して愛と感謝を表現していました。そうした古いやり方の多くは忘れられてしまいましたが、今こそ遠い祖先の生き方に思いを向けて、「物質主義と貪欲」 から 「スピリチュアリティと高次元の意識」 にシフトする時です。

 精神性は、環境保全のハートの部分、すなわち中心に相当します。そして精神性のさらに中心にあるのが愛と感謝の表現です。

 人類が思考と心のバランスを見出せるよう、今日集まった私たちは協力していかなければなりません。一人一人が心に平和を見出し、平和な世界へとつながれるように。

 私たちと自然界との間に真の平和を築くために、私たち一人一人は、自分の心の中にある神聖なる意識から生まれる文化を必要としています。

 私たち一人一人、すべての人に、自然と調和した世界を創るために立ち上がる責任があるのです。

 私たちは責任を政府の指導者や専門家に押しつけることは出来ません。この惑星( 地球 )は、歴史の分岐点に来ているのです。ですから皆様、地球をまもる責任者として、共に私たちの聖なる使命を果たし、人類が自然と調和して生きるよう、人々を目覚めさせてゆきましょう。

 私は大いなる意識の目覚めを感じます。それはこの会場で今、起こっているのです。

 有難うございました。

 世界人類が平和でありますように

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“ 神聖なる意識から生まれる文化〜「第六回世界自然保護会議」によせて 西園寺昌美 ” 『白光』誌より 心はいつも青空  想いは消えてゆく雲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる