心はいつも青空  想いは消えてゆく雲

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝の猫四男と午後の笄蛭(こうがいびる)三匹          終日雨の日 

<<   作成日時 : 2016/07/22 02:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

朝早く 何やら‘むにもに’するので目が覚める
横向きに寝て居る私の‘内肘’に四男坊が両手を乗せて居た
肉球の両掌を上に向けて胸元へ仕舞い込むのを
私の折り曲げた腕(かいな)の上で器用に遣っていた

初めての事だったので どうしたん と心で訊いたが
間近な彼の表情には何とも言えぬ内催しが見られて
何やら‘ワケ’が有りそうだったが 私は
その儘(侭)目を閉じて 今少しの眠りに就いたのだった

(起床時にも 彼は枕元に居た)

前夜から降り続いている雨の中 まだ明るい午後
帰った庭には 四男坊も猫母さんも出て来なかったが
黄土色で細長い紐状のコウガイビルが御出座しだった
年に何度か御見受けする一族は 実はヒルではなくて
英名 Land Planaria の通り あのプラナリアの仲間とか

庭の略(ほゞ)真ん中のピースポールの横の柿の木の
根元のポストの下の庭石の手前に一匹
50cmにも成ろうかと言う個体が先ず出迎えてくれた
頭部が綺麗な扇状 銀杏の葉の様な形が特徴的だ
数歩歩むと椿の木の前に こりゃまたデカイ よう育った 
70cmは優に超えているモノが伸び伸びと這っておられた
玄関の前では 場所も大きさも見慣れていた いつも通りの
30cmほどの方が丸まっていた

調べると 髪搔きからの転化である 笄(こうがい)とは
日本髪を結うに 櫛(くし)と簪(かんざし)との三点セット 又
刀剣の装具 付属品として‘三所物(みところもの)’と言い 
目貫(めぬき)と小柄(こづか)とで矢張り三点セットになる物
その細い棒状や 先端の形状を見立てて 命名された蟲らしい

(次男は確り食べて又直ぐ行き 長男は顔だけ見せて行って仕舞った)





世界人類が平和でありますように 
私達の天命が完うされますように

笄蛭(コウガイビル)を始め全ての生物を司る神々様 ありがとうございます
地球を司る神々様 宇宙を司る神々様 ありがとうございます

万物・万象・万霊魂魄皆即神也 光の森の家族なり
アヤナワンダフルネス

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝の猫四男と午後の笄蛭(こうがいびる)三匹          終日雨の日  心はいつも青空  想いは消えてゆく雲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる