心はいつも青空  想いは消えてゆく雲

アクセスカウンタ

zoom RSS 百足落ち、蛇横たわり。

<<   作成日時 : 2015/06/24 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

深夜の居間で 傍らに モノ落ちる音して 横を見る
畳に置いた紙片の上で 中位の百足(ムカデ)さんが
数多の手足もシャカシャカと滑って仕舞い 進退に難儀・・

駆け付けた次男が端坐して見守るに 急ぎ道具を持ち来て
箒で塵取りに御迎え致し 例の如く 出でず収まる様に振りながら
窓を開け西の裏手に御帰り頂く 改めて 湿った地面に百足は落ちた

六畳の居間で唯一か所 B5サイズの紙の真上に 
百足さん 降臨&止(とど)まり給うた かの如し
一族の皆様方とは屡(しばしば)ドラマチックでありますよ〜

深夜二時前 草木も眠る丑三つ時か
メモ用紙にリユースしようと暫し脇に置いて居たのは
‘世界平和の祈り’関係の手作り通信でありました





その日の夕方 運転免許証の更新手続きの為に出掛ける
やっぱり こっち とハンドルを切り 路地を曲がって間も無く
私のチャリンコを抜いた車が妙な徐行をして行った直後
反対車線(むこうがわ)の路上で そこそこの蛇が蠢いて居る

様子が変だ 動いて居るが移動していない
直ぐチャリを下りて 迫り来る対向車に手を挙げて横断 蛇と路肩へ
一メートル以上あろう緑掛かった青大将に著明な外傷は 矢張り
認められない が左の口元に僅かに赤い血が付着している

目の前は禅寺の山門であった 手前の掲示板の裏手に松の木があり
その根元の小さな茂みに地面が見えたので抱えた両手から静かに置いた
駈け付けてから ずうっと声掛けしていた私の手に 彼か彼女は熱かった
西日が照り付けるアスファルトの上で それだけ呻吟して居た様だった





蛇さんは擦(さす)って遣っても‘下半身は動かすのだが上体が動かない’・・ 
‘上位相は不動にして下位相は動く’ ‘阿相・吽形’ ‘天円相・地方形’
‘天霊(アタマ)の一部たる上顎は不動にして下顎が連動行為(カミ・カム)を成す’
‘聖母マリア&行者キリスト’ 茂みに横たわる蛇の目は静謐(しづか)であった






世界人類が平和でありますように

私達の天命が完うされますように

地球を司る神々様 ありがとうございます

人類即神也 アヤナワンネス






翌日 その茂みで 蛇さんは昇天していた
両手で落ち葉を掻き集めて隈なく掛けた
茂みを挟んで まだ数メートルの松の木の隣には
同じ位の梅の木も立って居たのであった





 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
百足落ち、蛇横たわり。 心はいつも青空  想いは消えてゆく雲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる