心はいつも青空  想いは消えてゆく雲

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本 神富士 眺むの郷 ( やまと かむふじ ながむのさと )

<<   作成日時 : 2015/01/04 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

正月は薄暮の夕刻 

湘南と呼ばれる 虹の地域にて

田畑が広がる路地を抜けて県道へ出ると

月が東に流れ 西に神富士が御座(おわ)します

古来名高き それは見事な相模富士の姿に御座居ます



信号の手前では背黒鶺鴒(セグロセキレイ)が一羽

車道歩道を構わず 往来を闊歩している

お姿 綺麗だねぇ 車に気ぃ付けや



訪問先で年始の御挨拶

並んで買った 菓子店“葦”の“福箱”は 幸せの味

持ち寄った 野菜や果物 駄菓子の類 また美味しい



翌日の昼前 猫息子達の足拭き&寝床用の敷物を

朝湯の浴槽 残り湯で手洗い 杖術の杖の切れ端で捏ねたり

庭の端の鉄棒に干そうと これを拭くのに掛け置きの布地を開くと

多分クロウリハムシ(黒瓜金花虫)が五匹 越冬中

車庫に立て掛けてある昔のマットレスの破けた所を捲り

中身の藁地に 皆御一緒に御移り願い また捲りを戻して そっと被せる

よく見ると まだ居た 布地の端が皺寄せられて何かの繭がある・・

で そこまで水が届かぬように湿らせて鉄棒を拭き 干して また濯いだり

皆々様 すまんのう


今の大家さんが住んでいた昔からの古びた鉄棒

手前には よく生き永らえた木蓮の 蕾ふっくり 春の精



庭の真ん中 前の家から根付いてくれた 素心蠟梅 馥郁たるよ



目白の一家が六 七 八羽 ピーチク パーチク 

喬木灌木 高き低きに飛び回っている

お姿 お声 綺麗だねぇ 息子達に気ぃ付けな



その午後 片付け整理に少し手を付けた

書棚に寝ていた古いバス地図を引き出すと

ヤモリ(守宮・壁虎)の子供が落ちて来て

P(ぴ〜)だのQ(きゅ〜)だの鳴いている

おぉよしよし また載せて そっと帰して遣る

ご免なさいね お休みよ



家の北裏の休耕地には 

元旦の雪が残って居ります







世界人類が平和でありますように



人類即神也

アヤナワン







貰い受けし 

枝付き干し柿 

余りに 旨し













 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本 神富士 眺むの郷 ( やまと かむふじ ながむのさと ) 心はいつも青空  想いは消えてゆく雲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる